本文へスキップ

ボイラー技士になるための情報サイト

手動ガス圧接技量資格/ボイラー技士

手動ガス圧接技量資格

仕事内容

鉄筋のガス圧接作業を行う

鉄筋のガス圧接作業の技量(資格)を認定する。鉄筋(棒鋼)の径によって1種から4種に分類される。

資格取得方法

学科試験で70点以上を取る

学科試験と実技試験に合格する。

受験に際しては、規定に定められた鉄筋(棒鋼)、圧接装置、アセチレン・酸素ガスなどを準備する。

試験情報


受験資格: 1種=満18歳以上で、ガス圧接技能講習修了者またはガス溶接作業主任者 
2種=1種取得後6か月以上の実務経験者 
3種=2種取得後6か月以上の実務経験者 
4種=3種取得後6か月以上の実務経験者
試験科目: 学科=ガス圧接の一般知識、材料、装置、施工法など 
実技=装置・調整器の取扱い、種別に応じた鉄筋(棒鋼)の圧接
試験日: 年数回
試験地: 苫小牧、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、金沢、福岡
受験料: 1種=41,300円、2種=51,900円、3種=58,300円、4種=77,100円 ※会員は異なる。
合格率: 59.0%(平成22年1月)


問い合わせ先
公益社団法人 日本鉄筋継手協会
住所:〒102-0093 東京都千代田区平河町1-3-14 安井平河町ビル2階
TEL:03-3230-0981