本文へスキップ

ボイラー技士になるための情報サイト

ガス溶接技能者/ボイラー技士

ガス溶接技能者

仕事内容

ガス溶接を安全に行う

可燃性ガスと酸素を使用して金属を加熱し、溶接・溶断する。ガス溶接は溶接技術のなかで最も一般的で頻度も高い。

しかし、ガス爆発や火災が発生する危険性が高いため、ガス溶接技能講習を修了した者しか業務には就けない

資格取得方法

学科と実技の講習を受ける

各都道府県の労働局長登録教習機関が実施する技能講習を受講し、修了試験に合格する。

試験情報


受講資格: 満18歳以上の者
講習科目: 学科=ガス溶接等の業務のため使用する設備の構造および取扱いの方法に関する知識、ガス溶接等の業務のため使用する可燃性ガスおよび酸素に関する知識、関係法令 
実技=ガス溶接等の業務のため使用する設備の取扱い
講習日など: 各地の登録教習機関に問い合わせのこと(講習は2日間)
受講料: 15,000円程度 (登録教習機関により異なる)


問い合わせ先
各都道府県労働局労働基準部安全衛生主務課または労働基準監督署および登録教習機関 
登録教習機関例:財団法人 日本産業技能教習協会
住所:〒101-0044 東京都千代田区鍛治町2-2-1 三井住友銀行神田駅前ビル6階
TEL:03-3254-8404