本文へスキップ

ボイラー技士になるための情報サイト

液化石油ガス設備士/ボイラー技士

液化石油ガス設備士

仕事内容

適正な配管工事で事故防止

災害や事故につながりかねない液化石油ガス(LPガス)の設備工事のうち、特別な知識と技能が必要とされる配管などの作業を行う。

資格取得方法

国家試験合格または講習修了

国家試験に合格するか、高圧ガス保安協会あるいは経済産業大臣の指定する養成施設の講習を修了することで取得できる。
 
以下は国家試験の概要だが、筆記試験は2科目とも択一式で行われ、合格者のみが技能試験を受験できる。

試験情報


受験資格: 特に制限なし
試験科目: 筆記(法令・配管理論等)、技能
申込期間: 8月下旬〜9月上旬
試験日: 筆記=11月第2日曜日、技能=11月第4日曜日
試験地: 都道府県単位
受験料: 書面申込=20,700円、インターネット申込=20,200円
合格率: 43%(平成22年度)


問い合わせ先
高圧ガス保安協会 試験センター
住所:〒105-8447 東京都港区虎ノ門4-3-13 神谷町セントラルプレイス
TEL:03-3436-6106