本文へスキップ

ボイラー技士になるための情報サイト

ボイラー取扱技能者/ボイラー技士

ボイラー取扱技能者

仕事内容

小規模ボイラーを取扱う

小規模のボイラー(胴の内径が750mm下・その長さが1,300mm下の蒸気ボイラー、伝熱面積が3平方メートル以下の蒸気ボイラー、伝熱面積が14平方メートル以下の温水ボイラー、伝熱面積が30平方メートル以下の貫流ボイラーなど)を取扱う。
 
法令により、有資格者でなければ、これらの業務には従事できない。

資格取得方法

技能講習受講後、修了試験

各都道府県の労働局長登録教習機関で技能講習(学科)を受講し、修了試験に合格する。

試験情報


受講資格 特に制限はないが、18歳未満の者は技能講習を修了しても業務は不可。
講習科目 ボイラーの構造に関する知識、ボイラーの取扱いに関する知識、点火および燃焼に関する知識、点検および異常時の処置に関する知識、関係法令
講習日など 各地の登録教習機関に問い合わせのこと
受講料 11,000円(東京都の例/テキスト代を除く)


問い合わせ先
各都道府県労働局労働基準部安全衛生主務課または労働基準監督署および登録教習機関
登録教習機関例:社団法人 日本ボイラ協会 東京支部
住所:〒105-0004 東京都港区新橋5-3-1 JBAビル2階
TEL:03-5425-7770